アメリカ横断西海岸編

【DAY-12】圧巻!世界一のっぽの木。レッドウッド国立公園

2018年9月16日。

朝6:30に起床し、7時にはキャンプ場を出発!

今日は、レッドウッド国立・州立公園という、世界一高い木であるセコイアの木がある国立公園を訪れます。その後は、海岸沿いを離れて州の東に向かい、ラッセン火山国立公園まで向かいます。

*私のロードトリップの概要をまだ読んでない方は、そちらを先にご覧ください。大まかなストーリーが分かると思います。

レッドウッド国立公園・州立公園について

レッドウッド国立・州立公園(Redwood National & State park)はカリフォルニア州北西部のオレゴン州との境付近にある公園で国立公園と3つの州立公園に分かれており、共同で運営されているので、国立・州立公園と記述されています。とはいっても一般利用者にはその違いはよくわかりません。

縦に長く広がるこの公園の見どころは海岸線の近くにありますが、基本的には公園内にあるトレイルコースを歩いてセコイアの木々を楽しむこと。ここのセコイアは通称コーストレッドウッドと呼ばれていて、高さは70m以上、高いもので120m弱のものがあります。これが世界最大の木。

ここは太平洋からの湿った空気が作り出す特殊な気候で、夏は霧、冬は雨とほとんど太陽光が差さない場所。その為、セコイアの木は太陽光を求めて、上へ上へと伸びて行って、100mを超す(ビルで言うと30~35階)高さへと成長したようです。

後日行く、セコイア&キングスキャニオン国立公園にあるセコイア(通称ジャイアントセコイア)の木には高さは勝るが、太さは負ける。セコイア&キングスキャニオン国立公園のセコイアはすっごく太くて迫力があります。

公園情報

入園料無料(レッドウッド国立・州立公園の入園料)
    $8(Gold Bluffs Beach / Fern Canyon – 1日利用+車両1台
    $8(Jedediah Smith Campground – 1日利用+車両1台)     
*有料の場所では、America the Beautiful Pass(国立公園共通年パス)も使用可。パスの購入はできないようです。

レッドウッド国立・州立公園公式ページ👈おすすめ

縦に60kmと広すぎるので、マップが小さくなってすみません。

🚩ビジターセンター🚩
園内の北部に2か所、南部に2か所、計4か所インフォメーションセンターがあるので、立ち寄りやすいセンターに寄るといいと思います。
私は北部のJedediah Smith方面から入ったのに、気が付かず、結局一番南のKuchel Visitor center に行きました。笑

Hiouchi information center(Jedediah Smith Redwoods State park 内)
Information Center (Crescent city 内)
Prairie Creek Visitor Center(Prairie Creek Redwoods State park 内)
Kuchel Visitor Center(Prairie Creek Redwoods State parkから南へすぐ)

キャンプ場
国立公園が運営するキャンプ場はありませんが、園内4カ所州立公園が運営するキャンプ場があり、公園周辺にもかなりの数のキャンプ場があります。私もちゃんと調べておけば、キャンプ場難民になることにはなかったのに。。。

州立公園が運営するキャンプ場は以下の4つ。

Jedediah Smith Campground(Jedediah Smith Redwoods State park 内)
公園の北部にある最もポピュラーなキャンプ場で一年中オープン。
Mill Creek Campground( Del Norte Coast Redwoods State Park内)
 Crescent cityから南へ道なりへ行くとある、パーク内で一番大きいキャンプ場。
Gold Bluffs Beach Campground (Prairie Creek Redwoods State park 近くの海岸)
予約は不可だが、パーク内唯一のビーチ沿いで景色は良さそう。
Elk Prairie Campground (Prairie Creek Redwoods State park 内)
私が訪れたキャンプ場。詳しくは前の記事内、 Elk Prairie Campgroundをご覧ください。

ベストシーズン
24時間365日オープンしていて、真夏でも気温は15度前後だし、真冬でも氷点下まで下がる日は少ないので、いつでも行ける国立公園。ですが冬場は雨が多いので、6月~10月くらいがベストだと思う。それでも年間を通して青空が見える日は少ないので、霧や雨の神秘的な森を楽しむ気持ちで行きましょう。

📳スマホの電波(AT&T回線)📴
森林の中では一部繋がりにくいようですが、各Visitor centerやキャンプ場では繋がる様です。一番繋がりやすいのは北部のCrescent city周辺。

⛽ガソリンスタンド⛽
Crescent cityの街中にあるほか、園内を通るUS-101線上にあるKlamathとOrickにあります。

🏪スーパーマーケット🏪
ガソリンスタンドに同じ。

Visitor Centerで情報収集!

キャンプ場の近くから、美しい朝焼けと朝霧に思わず車を停めて撮影。霧が発生しやすいエリアですが、青空を見ることが出来ました。

さて、恒例のステッカー&スタンプ集めにはVisitor centerに行かなければなりませんが、時刻はまだ7時。ちょっと車を走らせて、センター近くのピクニックエリアで朝食でもとりましょう。
このピクニックエリアは海岸沿いなので海が目の前でとても気持ちいい場所だったのでドローンを飛ばしてみました。なんの面白も見もない写真ですが。

アメリカの国立公園ではドローンの飛行が禁止されているので、なかなか飛ばす機会がないのでこういう何の変哲もないところでしか飛ばせません・・(アメリカ航空局でのドローン飛行許可は日本で取得して来ましたが、国立公園では念のため飛行させませんでした。)

ドローンで遊んでいると開館時間になったので、お目当てのものをゲットし、レッドウッドの観光に向かいます。せっかくなので、センター員の方にお勧めの場所を聞いておきました。ぶっちゃけ当初は、公園のゲートもなくどこからが園内なのかもわからず、どこに行けばいいかもよくわかりませんでした。

この記事を書いていてようやくわかかりました。とりあえずトレイルコースを歩けばいいのだと。
センター員の方からいろいろおすすめを聞いたが、滞在時間はそれほど取れなそうだったので、結局地球の歩き方を参考に、「時間がないので1カ所だけ」というならここ!とおすすめの場所に向かいます。

Lady Bird Johnson Groveでトレッキング!

1968年、ここが国立公園として誕生した式典に出席した、レディーバード(Lady Bird)の愛称で知られている当時の第36代ジョンソン大統領夫人の名前が付けられたトレイルコース。

まず駐車場にもレッドウッドが生えており、その大きさに圧倒されましたが、トレイルコースにも見ごたえのある木々がたくさん。また、このトレイルコースにはレッドウッドだけでなく、背の低い樹木も多く、上も向いても下を向いても美しい森です。ここからはしばらく写真をお楽しみください。

お楽しみいただけたでしょうか。幸か不幸か、霧や雨は降らずいい天気のレッドウッドを楽しめましたが、今では霧に包まれた森も見たかったなぁと思っています。

約1時間くらいのトレイルコースですが、レッドウッドを十分楽しめました。さすが地球の歩き方!!間違いなかった!

ラッセン火山国立公園へ。

次に向かうのは、ラッセン火山国立公園。もちろんキャンプ場もそこ周辺で探します。海沿いを離れ内陸側へ進みます。

幸い、ラッセン火山国立公園内にキャンプ場を発見しそこを目的地にして出発!
距離は355km。時間で約4時間半。お昼前にはLady Bird Johnson Groveを出発出来たので、どこかでお昼でも食べながらゆっくり向かいます。

おおよそ半分くらい進んだところに在った小さな町のハンバーガー屋さんでランチ。全く映えを狙わないこのアメリカンスタイル。好きだぜ。

バーガーを頂いて、しばらく車を走らせてパーキングで休憩。するとバカでかいキャンピングカーが!

アメリカでは、キャンピングカーで乗用車をけん引するのは当たり前ですが、ピックアップがけん引されているのは絵面が面白い。

そして、もうすぐ国立公園というところで、給油。公園内もあると分かっていましたが、園内は割高なので、入れられるときに入れちゃいましょう!(以下のガソリンスタではレギュラーでリッター107円くらい)

ガソリンのタイプ下に書いてあるのは、価格ではなく、オクタン価。高圧縮比のスポーツカーはPREMIUM, 通常のハイオク車はPLUS, レギュラー車はREGULARといったところでしょうかね。

ちなみに、軽油はガソリンよりも高いです。アメ車にディーゼル車が少ないのはそういうことかも?

アメリカキャンプ6回目

ちょこちょこ休憩や買い物を挟んでも、夕方4時には着いて設営完了。やっぱり時間に余裕を持った行動は身体への負担も少ないね!

Manzanita Lake Campground

北西のゲートから入園したらすぐにある、マンザニータ湖(Manzanita Lake)に隣接しているキャンプ場。ラッセン火山国立公園内にある、キャンプ場では一番大きい。シャワーとランドリーが使いたかったし、私は北西からの入園だったので、真っ先にこのキャンプ場に決めました。

キャンプサイト情報


Manzanita Lake Campgroundページより

1泊料金:$26
     $15(水使用不可の時期)
     $72(グループサイト)
支払方法:キャンプサイトエントランスで封筒式(サイトを押さえ、利用料金ちょうどを封筒に入れて投函)
予約:予約可。予約できる期間は6/1~10/12(2020年の予定)で、予約できるサイトはA-LOOP とC-LOOPのサイト、グループサイト。
   その他の期間とサイトはFCFS First Come First Served(早い者勝ち)
チェックイン:記載なし
チェックアウト:記載なし
利用期間:6月1日~11月17日(2020年の予定)、水の利用は10/15まで。
その他:・全179サイト、各サイトテーブルベンチと焚火台有り
    ・水洗トイレ有り、有料シャワー有り、ゴミ捨て場有り、
    ・水場有り(飲み水含む)
    ・40ft(約12m)のキャンピングカーかトレーラーまで
     利用可能(グループサイトは45ft(約14m)まで)
    ・キャンピングカーやトレーラーのダンプステーション有り
    ・焚火は備え付けの焚火台のみ
    ・ペットは可。
    ・キャンプ場内にストアやコインランドリー、ガソリンスタンドア有り
公式サイトManzanita Lake Campground

この日も、、星空写真は撮れず就寝・・・

1日の終わり

朝早くから行動したおかげで、長距離の移動も負担がほぼなかった。初めて見るセコイアの木々の佇まいは神々しく、森の中は生命力に満ち溢れていました。本当に気持ちの良いトレッキングが出来て、天気にも恵まれた1日だった。レッドウッドよりも太いジャイアントセコイアを見るのが楽しみだ。

明日も、朝早く起きて洗濯やシャワーなど家事をして、このキャンプ場横にある湖を探検したいと思います。

今回も記事をご覧いただきありがとうございました。
よかったら、いいね。コメント残してってください~

1+

【DAY-11】Deep Blue Lake。その名はクレーターレイク前のページ

【DAY-13】可愛い野生動物がいっぱい!ラッセン火山国立公園次のページ

関連記事

  1. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-15】知名度ゼロ!?しかし最高な国立公園!セコイア&キングスキャニオン

    投稿に一か月もかかってしまいました。すみません。それではいつも通りに。…

  2. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-6】スタート!アメリカ縦横断!!初日はマウントレーニアへ

    2018年9月10日。ついに、アメリカ縦横断ロードトリップの日が来た…

  3. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-14】やっと来れた。終始感動!ヨセミテ国立公園!

    2018年9月18日。泊っているモーテルのある町マーセドから、目指す…

  4. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-10】岩山トレッキング!スミスロック州立公園と青い湖

    2018年9月14日。マットレスと二重寝袋のおかげで夜は快眠すること…

  5. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-8】セントへレンズ火山国定公園へ

    2018年9月12日。本日も天気は曇りだが、いざ目的地のセントへレン…

  6. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-7】マウントレーニア国立公園へ

    2018年9月11日。寒さと雨粒の音で6時に起床。結局雨止んでません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-6】スタート!アメリカ縦横断!!初日はマウントレーニアへ
  2. TRAVEL

    絶対これは持って行くべき!持ち物紹介 -ソロ世界1周の準備-
  3. カスケードループ編

    【DAY-1】シアトル上陸!いざ、カスケードループ周遊へ 。
  4. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-14】やっと来れた。終始感動!ヨセミテ国立公園!
  5. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-7】マウントレーニア国立公園へ
PAGE TOP