アメリカ横断西海岸編

   

    (Updated:2020.06.12)

【DAY-14】やっと来れた。終始感動!ヨセミテ国立公園!

2018年9月18日。

泊っているモーテルのある町マーセドから、目指すヨセミテ国立公園はおおよそ1時間。ちんたらなんてしてられません!いざヨセミテへ出発!

今日の予定では、ヨセミテ国立公園内を散策した後、園内のキャンプ場で一泊します。めっちゃ楽しみ~!!

前回の記事はこちらから。

*私のロードトリップの概要をまだ読んでない方は、そちらを先にご覧ください。大まかなストーリーが分かると思います。

ヨセミテ国立公園について

ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)はカリフォルニア州東部にあり、西海岸の大都市サンフランシスコやロサンゼルスからでも数時間で来られる場所。2019年全米の国立公園入場者ランキングで5位となるほど人気な国立公園となっています。日本でもグランドキャニオンに次ぐ知名度なんじゃないでしょうか。

ヨセミテの楽しみ方は、数日滞在して長めのトレイルを歩くこと。と言いたいのですが、私の様に1日しかない場合は、ヨセミテバレー内を1周して、その周辺の観光スポットを巡るくらいしかできないと思います。また、ピクニックエリアもあちこちにあるので、ぜひお弁当など作って食べるだけでも楽しいですよ。ヨセミテならそんなんでも十分楽しめるはずです。

公園情報

入園料
車  :$35/台
    チケットは7日間有効。乗用車、RVなど定員15人以下の車。   
バイク$30/台(乗車人数に関係無し
    チケットは7日間有効。
個人 :$20/人
(通年)
    チケットは7日間有効。徒歩や自転車、バスなどでの入園。15歳以下無料。
年パス:$70(1年有効)
    購入した月から1年間有効。入園ゲートで購入可能。ヨセミテのみのパス。
ツアー:$25~$300
    ツアーの車の大きさに応じて決まる。詳しくは以下ページで。

America the Beautiful Pass(国立公園共通年パス)も使用可。パスの購入は入園ゲートか、ビジターセンターで。料金は$80(購入時要パスポート)

ヨセミテ国立公園公式インフォメーションページ👈

ヨセミテ国立公園オフィシャルマップ

広大すぎて↑のマップでも北側が写っていませんがご了承ください。(面積が東京都の1.4倍あるみたいです。)
下のマップはヨセミテ国立公園の中心部であるヨセミテバレーの拡大マップです。

ヨセミテバレーマップ

*ヨセミテバレー内の道路は一方通行になっています。上図の黄色い線の通り、図内左のゲートから入って、反時計回りに通行しなければなりません。

🚩ビジターセンター🚩
メインはヨセミテバレー内のビジターセンターですが、北東、北西、南側にもビジターセンターやインフォメーションセンターがあるので、その方角から入園したり、そのエリア周辺で行動するのであれば、ぜひ寄りましょう。より詳しい情報を得ることができます。

・Yosemite Valley Visitor Center(園内中心部)
・Tuolumne Meadows Visitor Center(園内北東部)
Wawona Visitor Center(園内南部)
Big Oak Flat Information Station(園内北西部)

キャンプ場
国立公園内には大小合わせて13カ所ほどありますが、今回は中心部、ヨセミテバレー内にある4つのキャンプ場を紹介します。

・Camp 4
ヨセミテ滝やヨセミテロッジの近くにある、Walk-inのキャンプ場。その為テント泊専用で車も近くの駐車場に停めないとだめ。サイト数が36と、4つの中で一番規模が小さいが一泊$6と激安。しかも水洗トイレや飲み水まで完備!
通年オープンしていて、予約は5月下旬から9月上旬の間は可能。9月中旬から5月中旬まではFCFS(早い者勝ち)になります。午前中には埋まっちゃうそうなのでお早めに。
私はもう遅かった・・・・後述します。

・Pines Campground
 ヨセミテバレー内の奥の方にあるオートキャンプ場で3つに分かれていますが、3つ合わせてPinesキャンプ場と呼ばれいています。サイト数はそれぞれ違いますが、施設や料金は同じです。3ヶ所とも一泊$26。どれも5か月前から前もって予約できます。
-North Pines :サイト数 81, 3月~10月までオープン。
-Lower Pines :サイト数 60, 4月~10月までオープン。
-Upper Pines :サイト数 238, 通年オープン。

ヨセミテ国立公園内キャンプ場情報ページ

ベストシーズン
ヨセミテは24時間365日オープンしていますが、やはりベストは、雪解け後の5月~7月。もっとも混雑する時期でもありますが、この時期にしか見られないヨセミテ滝の大瀑布みられます。8月には水が枯渇するそう。

📳スマホの電波(AT&T回線)📴
AT&Tの場合、ヨセミテバレー内でも繋がりますが、4G回線は厳しいです。電話やテキストくらいなら使用できます。VerizonやT-mobileなら4GLTEが使える様です。ヨセミテバレーを離れるとVerizonを除き、繋がりにくくなります。

ガソリンスタンド
ヨセミテバレー内には一つもありませんが、マーセドからの道中や北東、北西、南部にあるビジターセンターの付近にもあるので、バレー内に入る前に給油することをおすすめします。

🏪スーパーマーケット🏪
ヨセミテバレーのビジターセンター付近にあるVillage Storeはスーパー程の品揃えで、その他、お土産や衣類、書籍などなんでもあります。小さな売店などは、ロッジやホテル内にもあるので、食材を買うことに困ることはなさそうです。バレーの外では、南部のビジターセンターのWawonaや、後述するグレイシャーポイントにあります。夏季限定でTuolumne Meadowビジターセンターにもオープンするようです。

とりあえず、目指すはヨセミテバレー!

モーテルで目覚めのコーヒーサービスも頂き、車で飲みながら出発。1時間程のドライブだ。とナビをセットすると・・・約2時間。。なぜだ!1時間も違う。勘違いだったのかわかりませんが、1時間の誤差はさすがデカい・・・そもそも130km(82マイル)もあるのに1時間で行けるわけないですわ。

途中ガソリンを入れて、到着したのは昼前11時頃でした。。。さすがにちょっと遅すぎた。。けれども、こんな景色見せられたら、どぉーーでもよくなりました!

  エルキャピタン

中央に見える岩壁はエルキャピタン。高さは996mを誇る一枚岩。もう息をのむってこういうことかと実感しました。

ヨセミテバレーを周回して、観光スポットを巡る。

前述したように、ヨセミテバレーは一方通行なので、見逃したからって、Uターンができません。見逃したらもう一周しなければなりません。なので、なるべく効率よく行く必要があるんです。
そこで、とりあえずゲートでもらったガイドマップと持参した地球の歩き方を見比べて、ルート上にある良さげな所を片っ端から行くことにしました。

私も実際は2周したんですけどね。

ヨセミテバレー内は反時計回りに一方通行なので、その順番で観光スポット紹介していきますー。

観光スポット1 Bridal Veil Fall (赤ピン)


バレー内の一方通行道路になってすぐにあるブライダルベール滝です。駐車場から10分ほど歩くと滝の真下まで行けます。滝が風で舞って花嫁のベールのように落ちることから名付けられたそうですが、、私が行った9月はすでほぼ枯れ果ててました。写真の通り、迫力もなにもありません・・。

9月中旬のブライダルベール滝

観光スポット2 Sentinel Bridge (黄ピン)

ちょうどヨセミテバレーのど真ん中にある場所で、ここから360°ヨセミテバレーの岩壁の絶景が楽しめます。以下の写真はセンチネルブリッジ付近から撮った写真です。(確か。)

↑↑の写真中央、岩壁に黒い汚れが付いてますが、あそこが、落差全米1位の大瀑布ヨセミテ滝(正確にはアッパーヨセミテ滝)です。下の車と比べるといかに高い岩山かわかります。

引きで撮るとこんな感じ!↑↑↑

9月になると滝の水はありませんが、草木が色づき始めて、これはこれでいい感じ。
奥にはハーフドームも見ることができます。

バレー内には、こんなきれいな川も流れているので、暑い日はこうやって水遊びもいいかもしれませんね。お子さんにはライフベスト忘れずに!(別の場所で撮影)

観光スポット3 Yosemite Falls (緑ピン)

ヨセミテバレーの観光名所大本命ヨセミテ滝!3つの滝(アッパー滝、カスケード滝、ロウアー滝)に別れていますが、これら合わせてヨセミテ滝です。合計落差が739mで全米1位、世界でも8位!スカイツリーのさらに上から滝が落ちてるようなもんですから、生で見たかったです。切実に。(ちなみにナイアガラの滝の落差の10倍)

下の写真はロウアー滝の滝つぼですが、アクセスはとても良く、観光スポット2センチネルブリッジからも歩いて行けますし、ビジターセンターやヨセミテバレーロッジ、Camp 4からも近いです。

ぜひぜひ、春先から初夏に行くことをお勧めします!

観光スポット4 El Capitan (青ピン)

バレー内に入ってすぐ、目に入るであろう巨大な一枚岩、エルキャピタン。その雄々しいさといったら・・・さらに神々しくもあります。
ヨセミテの顔的な存在だと私は勝手に思っています。なぜなら、私がヨセミテを知ったのはこのエルキャピタンを先に知ったからです。

エルキャピタンはその大きさ故、バレー内ならほぼどこからでも見られますが、近くまで行くには、一方通行の道路を回っていかなければなりません。

真下だとこんな感じ

真下で見てると、周りの観光客が双眼鏡で壁を見ているので、何だろう??って思ったら、ロッククライマーが登っていたそうです。。壁がデカすぎて裸眼では到底見つけられません。。

参照:「 ヨセミテ エル・キャピタンの「The Nose」ってどんなルート? 」

それもそのはず。スカイツリーと東京タワーを足したくらいの高さがあるんです!しかもロッククライマーはこの壁を通常3~6日かけて登攀(とうはん)するんだとか・・・ちなみに最速は2時間半くらい。。。やばすぎ!

観光スポット5 Tunnel View (黒ピン)

エルキャピタンを出発して、一方通行道路を再周回に入ったところ、ブライダルベール滝手前を右に登って行きます。これは公園南口やグレイシャーポイントへ向かう道で、途中にWawona Tunnelがあり、そこにある展望台。

おそらく景色は、全米でも指折りの絶景。
(記事序盤で実は写真載せてあります。)

谷の左に見える一枚岩がエルキャピタン。遠く奥には、ハーフドームも見えます。ほーーんとうに絶景なんですが、写真ではイマイチかもしれません・・

下の写真の様に、絶景を求めて、かなりの観光客で溢れていました。

絶景ポイントなので、私も写真を撮ってもらいました~。

観光スポット6 Glacier Point (ピンクピン)

グレイシャーポイントはマップではバレー内にあるように見えますが、実は、崖のてっぺん。バレーの上に位置しているため、一度バレーから出ないといけません。トンネルビューからおおよそ1時間もかかりますが、ヨセミテ行くなら、絶対行ってほしい場所です。

グレイシャーポイントはトンネルビューからの流れで来れるので(とはいっても1時間かかりますが)、かなりの観光客が居ます。駐車場も広く、トイレもあるので安心。駐車場から歩くこと5分くらいで・・この景色!!!

中央出っ張ってる岩山が、ノースフェイスのロゴの「ハーフドーム」。眼下に広がるのは、さっきまでいたヨセミテバレー。。ちなみに見えるところすべてヨセミテ国立公園なので、バレーが園内のたった数パーセントだったと思い出させてくれる。ちなみにここは標高2199mで、ハーフドームは2693m。

ズームしてもいい・・実はハーフドームの山頂にも人がいるみたい。

左側の崖と右側の崖は、バレーを挟んで北と南に分かれているんですが、昔は繋がっていて、氷河によって引き裂かれたらしいです。

雪解けの時期には、あちらこちらで、滝がみられ、雪をかぶった山々が幻想的なようです。。やはりヨセミテは春先が良いと思います。

私みたく改めて自然の壮大さを実感しますよ。


これはHDR撮影したやつ。陰影がくっきりして、よき。

ちなみに、展望台はこんな感じです。映える写真を撮ろうと滑落してしまう方もいるみたいです。
見てお分かりかと思いますが、どこをどう撮っても素晴らしいので、危ないことはやめましょう。

 

アメリカカキャンプ7回目

念願のヨセミテ国立公園でキャンプ~と浮かれて、まず訪れたキャンプ場はCAMP4。ですが、空きがない・・・ここはキャパが小さいので、まぁ仕方ないと思い、Pines Campgroundへ向かいます。そしたらここもフル。。。全部フル。朝はゆっくりしたのが仇となりました。お昼でも取れませでしたから。

人気の国立公園は甘く見ない方がいいですよ。

当時、その他のキャンプ場は調べがつかなかったので、当時ナビ代わりに使っていた、オフラインでも使えるマップアプリで探しました。

いざ、グレイシャーポイントを出発し、南方面へ向かいます。
行きついた先はオフロードバイクのコース。(´・ω`・)エッ??

まず、なにここ!?って思って、グーグルマップと比べると、新しい道路が出来ており、まだマップアプリに反映されていないようでした。

アプリはあまり過信しない方がいいと勉強になりました。

しかしもう日が暮れて薄暗いというのに、まだ彷徨っています。。キャンプ難民とはこのこと。

とりあえず、ヨセミテ方面に来た道を戻ると、Fish Campという小さな町に、キャンプ場を発見しました。(この町の名前のせいで道に迷った感も否めない)

キャンプ場に着いた頃にはもう真っ暗でしたが、なんとかテントを張って、夕食を作って夜を越せましたー。

残念ながら写真は1枚も撮ってません・・・涙

Summerdale Campground

キャンプ場の名前はサマーデールキャンプ場。一応国の敷地ですが、キャンプホストのおばちゃんが管理しており、着いて設営している時集金に来てくれました。

グレイシャーポイントから、一発で行ければ1時間ちょいだったのに、、、と後悔しました。しかも、当時一泊$36も取られてショック。

各サイトにピクニックテーブルと焚火台(グリル台)があり、場内にボットンタイプのトイレと、飲料水があるくらいであとは、なにもありません。非常にシンプルなのに$36とは・・・⇊こんな感じのサイトです。

  Summerdale Campground 公式サイトより

1日の終わり

時間を見誤り、キャンプ場にもなかなかたどり着けず、ミニハプニングが多々ありましたが、念願だったエルキャピタンを見ることが出来、ヨセミテバレーを満喫することができました。最後に、グレイシャーポイントから見えるハーフドームやヨセミテ国立公園の全体景色は言葉では表現できない感動がありました。

明日は、キングス&セコイア国立公園に行きたいと思います。
動画で今日の旅を復習します~。

今回も記事をご覧いただきありがとうございました。
よかったら、いいね。コメント残してってください~

1+

【DAY-13】可愛い野生動物がいっぱい!ラッセン火山国立公園前のページ

【DAY-15】知名度ゼロ!?しかし最高な国立公園!セコイア&キングスキャニオン次のページ

関連記事

  1. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-8】セントへレンズ火山国定公園へ

    2018年9月12日。本日も天気は曇りだが、いざ目的地のセントへレン…

  2. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-7】マウントレーニア国立公園へ

    2018年9月11日。寒さと雨粒の音で6時に起床。結局雨止んでません…

  3. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-18】HOTTESTでDRIESTでLOWESTな地。デスバレー国立公園。

    2018年9月22日。アメリカ横断西海岸編最終日。思いがけぬ、500…

  4. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-17】到着。死の谷。デスバレー国立公園。

    2018年9月21日。セコイア国立公園近くのキャンプ場から出発し、目…

  5. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-12】圧巻!世界一のっぽの木。レッドウッド国立公園

    2018年9月16日。朝6:30に起床し、7時にはキャンプ場を出発!…

  6. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-9】感動!アメリカの地平線!!

    2018年9月13日。本日はマウントフッドで寄り道をしてから、クレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. カスケードループ編

    【DAY-1】シアトル上陸!いざ、カスケードループ周遊へ 。Arrived at…
  2. GADGETS

    おすすめ!海外旅行で使えるガジェット紹介
  3. TRAVEL

    ソロ世界1周の準備 -カバンの選び方-
  4. CAMP

    アメリカ横断キャンプはこれを買え!キャンプアイテム10選をご紹介!
  5. アメリカ横断西海岸編

    【DAY-15】知名度ゼロ!?しかし最高な国立公園!セコイア&キングス…
PAGE TOP